07.31
Mon
今は2歳過ぎて抱っこ紐してるのは、格好悪い、甘やかしてる…などと思われるようで卒業させるもののようですね。
子育てもお洒落でスタイリッシュでなきゃならない...みたいな風潮…ですよね。
私の住んでる所はアップリカ、ピジョンなどはダサい。哺乳瓶もディオールとかで、抱っこ紐は皆エルゴ、ベビーカーはマクラーレンなどの海外製がイケてるとか、普段着でもユニクロ着せるの貧乏臭くて恥ずかしいとか、支援センターに行ってた時はそういう会話は聞こえてきました…あぁ、イヤだ。



子育てをなんだと思っているのでしょうかね
こういう事を平気で言える方々は、

「腹から育て直したい」


と後悔する子育てをする方だと思います
どちらがダサいのでしょうね?

私もブランドの服は好きですが、ダサくないから好きなのではなく、よれよれにならないから好きだったんですよね。
今はもちろん買いませんが。

絶対に真似しないようにした方が良いですね。

いや~あほっぽい会話。






comment 0 trackback 0
07.18
Tue
どんどん汚い庭になっています申し訳ありません

多少、自閉症があると、周りに流されずに我が道を行くところがあるのですが、健常児においてはまず、自分より他者。
という気遣いがあるようです。
これも自閉症の特権とも言えますね。しかし今回は健常の気持ちです。

健常の三男の気持ちがよくわからないまま、私は居まして、今とても反省しています。

環境が良くないと、子どもは「ピエロ」になったりするそうです。
「虹色教室通信」というブログで、詳しく書かれていますから、しっかり後悔しない子育てがしたい方は読んでみてくださいね。
読む気がないと読めないような内容です。
人間を育てるのですから、当たり前ですけどね。


提出物は出さないときがある、宿題を勘違いする、予定帳を見ずに時間割を暗記で合わせる。
などですね。次男や長男は、こんなことはありませんでした。そして多少の反抗期はありました。
しかし12月で10歳になる三男については、寝起きが悪い以外、反抗期がなかったことに気付きました。
10年間も反抗期がなかった三男。

なぜ三男がそんな風になるのか、わかりませんでした。
注意をしても、再度するのです。

うちは創価学会ですし、会長が小学校の先生や校長なんですよね。
なので教育に関しては、ありがたく勉強をさせていただく。
という精神がわかっているものだとばかり思っていました。

しかし現実は、三男は自分が生まれてからずっと、私を笑わせようとしているだけの毎日だったようでした。

子どもの前でムッとすることは極力我慢していました。
さわやかな元気な母でいたい。とも思っていました。
しかし、健常児は見抜くようでした。

だから学校所ではないーーー
最低限の学習はしています。IQも次男とそう変わらないことも解っています。
最低、不登校になることもないです。これが、三男の今できることだったのかな。と。

申し訳ない気持ちでいっぱいです。


母親でも、苦手なことがあること。それゆえの弊害。
私の本当の気持ちを、話しました。
詳しくは書けませんが、ご仏智か、話し合う時間ができました。

自閉症でも良い、むしろどんどん前に出て行ってほしいと思います。
しかし健常の、自分以外の人を思う気持ち。これは見習うべきだな。と、今回のことを経験して思えました。



私の周りの方には、子育てにおいて、後悔はしてほしくないと思っています。



comment 0 trackback 0
06.18
Sun
世間では、いかにスマートに、かっこよく育児をするか。
効率的、低予算、合理的な子育て情報が蔓延しています。

また、社会から離れた生活など。

ん??

沢山産んでほしいんですよね?

そうです。世間は、産みっぱなしで母親にはすぐに社会復帰してもらい、税金を稼いでほしいのです。


人間を育てるのに、合理的もくそもありません。
これは障がいがあろうとなかろうと、関係なく、全ての子どもに言えることです。

立派な社会貢献であり、しかし子どもがない方を見下すことでもありません。

金をかけろといっているわけでもないです。

子育てほど、崇高なものはないと思っています。
目には見えない成果だらけ。仕事をしていたときとは正反対の、非生産的な過ごし方に価値を見いだすまでは私も、色々考えたことはあります。

魔の2歳児。だから何?鵜呑みにせずに育てましょうね。
特に母乳で育てていると、それを実感できると思います。ちょうど言葉も出てきてたくさん動けるようになり、2歳が一番カワイイ時期だなと何度も思ったことがあります♡
一人目だと中々実感しているようで・・・・どうかな?という疑問もあるかと思います。


0歳、1歳、2歳は、人生で一番かわいい時期です。

有り難いと思って、楽しんで過ごしましょうね













comment 0 trackback 0
06.11
Sun
春先に山や自然が多い公園に行くと、早速食われると思います(^^)
虫が出始める時期は、人の肌も虫さされに慣れていませんので、結構腫れることがあります。

虫よけスプレーはもちろん、ムヒや、塗り薬も外遊びの際は常備してくださいね。

また、春先から、外遊びをしたあとは、シャワーをするようにしてください。石鹸は無しで、洗い流すのみです。
新しい服に着替える。これで虫さされも跡が残りませんし、虫さされは少量の毒ですが、洗い流すことで毒が大方落ちてしまいます。

腫れる前に治ってしまうこともあります。

マダニ対策にも通用しますねヽ(^o^)丿






comment 0 trackback 0
05.05
Fri

ネットブーム(?)ですと、いかに自分をアピールするかだけに執着してしまう気持ちもわかりますが。

世の中は、自分・家族・子どもさえ儲かればそれで良いと思われている方が大半ですから

妬み・不安・顧みる勇気がない・など人間は色々な問題を抱えながら生きています。
だれでも悩みなんかありますよお~。
私は悩みがないように見えるらしいので( *´艸`) よく妬まれます(笑)

悩みながら、生きれば良いのではありまへんか?
私はよっぽど悩んだ時には、一番信頼できそうな人を厳選し(笑)、訊いてもらっています
なんのこっちゃ。

だって親も父親は死んでるかもわからないですし(80歳)母親は会話不可能ですし('◇')ゞ身内は音信不通ですしきょうだいおらんし


育児において、育児でも療育でもそうですが。

○○の方法・・・
3歳児の育て方・・・
癇癪の治し方・・・
○○大学卒が教える・・・・


方法論では、ほぼうまくいかないですよ。学力は大切だけれど、もっと大切にしてほしいものを大切にしてほしいと、学力が高い人に望んでいます。出身校を出さないと読んでもらえないような、内容をかいてほしくないのです。

人間教育ですからね。ましてや幼児は個人差が大きい。
しかし、障害枠になる確実な症状はある。それは専門家しか、わからないです。

私も解っていますがどうもそれを記事にして売る気になれないんです。
1対1で話すなら、しっかり言えますが、文章だけを売ってしまって、受け取る方は大丈夫なのか。本当に私の意図が伝わるのか?

と今は考えがまとまっていません。

どこかの恋愛商法のように悪徳にバカ高く売ってしまえば私ももっと生活も豊かになるでしょう。実際預かるわけでもないですし。
しかし、これではいけないのではないか。と思っています。

実際障がい児の家庭ほど、虐待などの犯罪が多いですし。


また、親子の会話が大切と言われていますが、
子どものことを、根ほり葉ほり訊くことではありませんよね。見てもいないことを、本当のことのように考えるのも、間違いですよね。
親子で会話というのは、気持ちや感情を引き出すこと、受け止めること、それについて考察することではありませんか?
事実を、親に報告するのは会話ではなく、報告です。

また人の数だけ、受け取る感情は違います。

このブログを読んでいる人全員が、
自分より、(自分の家庭より自分の夫より) 容姿も頭も、生活も下だ・・・と思われる友人だけを囲んで、自分は幸せだ。
と、偽造の確信をもってしか生きれないような人間には、なってほしくないのです。


出版社の方にも言われましたが、
私のブログは、障がいを持っている子どもの家庭には必須だと思う。
と。

そうかな?まあ、初期費用がぜーろーなら頑張って書きますが、何十万もだして、世間一般に売れるのか?
出すとしたら、出版の方は、方法論で書くようなことを思っていそうでした。
カテゴリーにもわかりやすいだろうと思って書いてありますが、療育方法・・・これだけを読んでも、うまくいかないはずです。


うまくいっている家庭は、親御さんが色々な疑問や不安をきちんと私に伝えてくれ、けんか腰になるときもありますが二人が歩み寄り、時間をかけて教育というものを、親御さん心の中に、或は私も自分の教育を顧みたりし、その結果子の成長につながっているのです。

適当にわっはっは。とかウケ狙いで書いてますけど、一刀両断で結果をだしているわけではないのです。
だから、ただの高卒の私の教育でも、読まれるようになったのでは、ありまへんか?
(今は短卒ですよお~♪)
自閉症関係でも上位に検索されるそうですね。何にも対策してませんが。。

上にあるアクセスは、無料のやつなので解析されないプロバイダーなんかは腐るほどありますよ。

ではまた♪オチがない(*‘∀‘)


comment 0 trackback 0
04.03
Mon
最近は発達障がいの動画やブログもたくさんになり、知名度が上がりましたね。
まあ、自分に関わりでもないと、本気で知ろうということにはならないと思いますが。

無慈悲な人であると、事故で死んでくれたらよっぽど助かるのに。と思うかもしれませんね。
ま、こんな人間は関わるべきではないですが。
しかし、しっかり生きていないとこんな人間まで、引き寄せてしまいますよ。


         「発達障害」の中に・・・
      ↓                        ↓                  ↓           ↓

自閉症IQ最重度~40くらい 自閉症IQ50~70くらい 自閉症IQ70~85  自閉症IQ90~130


IQは違ってもすべて自閉症スペクトラムと言われています。

それぞれ、症状も違います。かじっただけの方だと、症状は一致しているなどと大間違いな解釈もされていますよね(笑)
赤ちゃん時代から、発達の仕方がそれぞれ違います。
これ以上詳しくは公開記事ではかけません。

また、子どもが1~2歳になるとまずおかあさんが気づきます。
そこで放置すると・・・・

ADHDになります。
症状と診断名が、1つずつ増えていくということですね。

お分かりのように、1つずつ増えると、育てにくさも比例していきます。
また周りに迷惑をかけることや、人を傷つけることも増えていきます。

また、遅い地域では、5歳にならないと診断できない。
就学しないと診断できない。
などと恐ろしいことを言われることもありますが、そんなわけがありません。
ひと~つふた~つと増えていくのを待つのですから、こんなに怖いことはありません。4歳まで放置するとほぼ出回っている症状と一致してきます。症状や特徴が出そろってしまっているということですね。

まあ、受容できない親御さんは仕方ないかもしれません。
子どもを、”モノ” として扱うような大人もたくさんいますからね。事件にならない程度にモノとして扱う。
虐待ですね。IQの低さを隠し、虐待して勉強させる・または事故で死ぬように仕掛ける。


さくらいちごに関わってくださっている方は、本当に素晴らしい親御さんなのだなと、モノとして扱う人間を想像すると、ありがたいと思えます。時折、再確認しないといけない自分が情けないです。


兆候は、赤ちゃん時代からあります。
さすがに赤ちゃんは私でも見立てはできないかもしれませんが、1歳を過ぎれば大体わかりますよね。

自閉症はそこらへんにいますから、別に悲観することではないです。
しかし、人に迷惑をかけたらいけないと思うんです。そして感覚過敏があったり、興味の幅が狭すぎたり、わざとではないけど、人の気持ちが読めないまま・・・
では、人間として誠実に生きれないですよね。


大概、有名大学の上位は知能が高い自閉症を持っている感じの方が多いでしょう。
父もそうでしたが、中日が負けると暴れるのでそれがなければ完璧な人間だったのですが~(笑)残念。
おまえ東北の出のくせに~

どうやら家族が嫌いで東北から中部へ逃げてきたらしいですね。
私は冬が嫌いですが。。雪も嫌い。空がくらいからね~(# ゚Д゚)

放置すると、家族が嫌いなどと意味不明のことも言いますね。
なので私は父の親を知りません。昭和初期の生まれなので激しいことは仕方ない部分がありますが、しかし周りに迷惑もかけていたかな。と今では思います。


そういう子らに何が必要かというと、「ちょっとだけ工夫した生活・教育」
なんです。それだけ。
たまたま、偶然そういった生活になっているおうちもあることと思います。困り感も徐々になくなっていき、自分の持っている力を世界に発揮できる人材に育っている方もいることでしょうね。


大人になったら、ちょっとでは済みませんからね(笑)お値段もたか~~い療法を受けるしかないです。
安く、楽に改善していけるのは低年齢から始めることです。


次回は知的障害のことをかいていきます。



comment 0 trackback 0
03.25
Sat
先に謝っておきます。すみません!
ごめんなさい!

でも親御さんたちを元気にする、障がいを正しく理解して毎日を楽しく過ごす育児ができるようになる相談ではないのでね。
間違っていると思いましたので。

黒字が相談機関。赤字が私のダメ出し。


「自閉症は良くなる障害ではないかな。
(?肯定しているんですよね?)
感覚過敏も治るものではないね。
(時代錯誤?私はどうなるのでしょうか(笑)オキシトシンで軽くなることは今証明済ですし次男はおそらく長期授乳・幼児期の自由保育で治りました。)
症状が軽くなるか重くなるか、どう育つかは本人の持ってるモノ次第。
は? じゃあ施設にいれても大人になる姿は同じなのですね。てかそんなわけないですね('◇')ゞ)
症状とは上手に付き合うもので、(これはOKな言葉)
本人を変えるより周りが変わる事が大切だと思いますよ。(?)そういう適切な環境に置くことが大切。
(もうやっとるし)
模倣がある子は伸びるけど
(自閉症の症状があるのに、するわけねーやん(幼児特有の勝手に模倣する動作))、○○君はないよね…。
定員があるけど、もしかしたら○○君は療育園に入れるかも。○○君はまだ色々と認知も出来ていないから今は療育という段階ではないかな。
(昭和?というか、重度の子も見ている人ですよね?見ているにも関わらずこういう意見が出るとは、素人以前かもしれません)
療育らしい療育はまだ何も出来ないという意味ね。
(大正時代の人かなあ)
お母さんとの愛着をしっかりする時期(教育しながらですね)。
小学校に上がっても支援学級や支援学校で頑張ってる子がいるからね。頑張りましょうね。」と。


この先を知りたいの。
どう教育するかをね。


親御さん  (「あれが認知出来てない」とかいう話自体をいちいち否定するのも面倒になっていきました。)

「遅れは一生取り返せないっていう意味ね。いつか追いつく…と受け取り間違えないで」
(それはその方の頭では。子どもはその方の頭とは違いますね。人間はそんなに単純ではないんです)
「自閉ちゃんは本人を治すものではなく、周りが寄り添うものよね」
(成人まで放置された子はね。自閉ちゃんてなんなん?なんか腹立つ言い方)
など他の職員も言ってました。
そしてそれが「障害受容の正しいあり方」なのだと。
成人してから診断されたケースはね。)
感覚過敏の治し方についても「基本、治るものではない。余計に悪くなるかもしれないから、そのやり方(さくらいちご流)はやめた方が良いのではないですか。
(時代遅れ)




うーん(笑)
話し言葉の理解がある
「あっ仏壇はいかんわ。テーブルだしたろっか」

私の顔を見てさっと移動。
自閉症と言えば話し言葉の理解が遅れる。知能や特性によりけりですが基本的に遅れる。
岐阜弁がさっと理解できる子が、認知できてないって?(´艸`*)


同じ色の風船を分けて集める(1歳10か月)
色分けは12か月から。

教える模倣が完璧に近い。
が、向き合って座ると少し困っている。

絵本の言うことは訊くが、お母さんの言うことは訊かないことが多い。
知的にだいぶ遅れている状態で、絵本なんか何十冊もみるかよ?

これだけのヒントでもわかる人はわかりますよねえ。


風当たりが強くなってきたら消します(笑)



comment 0 trackback 0
07.06
Wed
発達障害、
多動性障害、
知的障害、

第四の発達障害、精神病、精神疾患

は、それぞれ独立したものです。

あえて言えば、病気ととらえていいものは、精神病でしょう。

あとは、脳の癖、というようなものかもしれません。

自閉症と、知的障害の症状も、似ているようで違いますよ。
併発している人もいます。
併発していない人もいます。

精神病と言われるもの、第四の発達障害は、自閉症の症状とよく似てしまっています。
ですが、違います。

自閉症と言われる脳の癖は、癖なのですから、赤ちゃん時代からあるのです。

精神疾患は、赤ちゃん時代はありませんよね(笑)
成長するにつれ、また大人になるにつれて、

成長段階での歪みゆえ、自閉症のようなことになってしまった状態

であると思っています。



また、ただの自閉症だったはずが、気づかずに(受け入れられずに)いて、工夫した教育をしないままでいると、症状が増えます。なので、診断名も、増えるということです。
また、症状が強化されていきます。


知的障害だけの場合、女性であると、お給料が少ない仕事に就く確立は上がってしまうかと思いますが、結婚できないわけではありません。
仕事をしていれば出会いもありますし、何しろ、「普通」に見えますし、大人になってしまえば周りの人はみんなIQ100・・・とみなされますよね。
また、男性は女性に対する許容範囲も広いですし、そういった要因から、結婚はできますね。

しかし、子どもを育てるときに、問題は顕著に表れてきます。
知的障害がそのままあり、精神的にしっかり育っていないと、過去の嫌な歴史を自分の支配できる子どもに向かうということが起きてきます。また、人間を育てるということは、知的障害がそのまま残っている女性には、とても難しいことです。


教育されていない知的障害の方は、物事や起こった事象に対する思考の癖がついていない状態でありますから、とても単純にしか、考えません。
このような状態で、人間を育てたら、その人間はどんなふうに育つか、想像できますか?














comment 0 trackback 0
03.27
Sun


20160327_202657.jpg

現代では中々上半身を使う動作が限られているようです。
赤ちゃんの時期から、ハイハイで色々な場所に移動できるようにしておくと、同時に上半身も、体全体もバランスをとりながら成長できますからね

階段を上ったり下りたり・・・する動作も、まずはハイハイからスタートです。
転ぶ確率は少なくなりますね。
上に歳が近いきょうだいがいれば、言われなくてもハイハイで必死に移動するのですが、長子の場合・歳の離れたきょうだいである場合は、親御さんが見本となって教えないとできない場合があるようです。
保育園でどこでもハイハイで行かせてくれるのであれば、良いのですが、保育園に行っていても融通が利かないところが多いようです。

平均台のような遊具も、手をつないでばかりでこなさないで、2~3歳あたりから自分で行けるようにしておきます。
時間がかかっても良いので、自分でできるように2~3歳で誘導してあげてくださいね。4歳を過ぎると中々次のステップに行かせるのが難しくなります。
しかしきちんとできるようになるまでは、あめとムチを上手に使って、厳しくするときはして、甘やかすときは甘やかす・・・ように工夫しましょうね。

なので両手の使い方がぎこちないまま・・・ということが起きてきます。
しかし気づいた時から工夫して生活していけば、すぐにこなせるのが幼児期ですからね。

そしてなるべく素足で遊ぶことをお勧めします。
大人が素足で遊んだところで何もかわりませんが、幼児期にはとても良い成長につながりますからね






comment 0 trackback 0
03.27
Sun


DSC_2050.jpg
このように、閑散としている公園では必ず逆上りをできるようにしないといけません。
今、これをさせたからといって、集団生活でこればかりする子にはなりません。
KYにもなりません。
外遊びをしながら時を見て言い聞かせをしていきます。
閑散とした公園がない場合、10時前に行くこと、土日でも8時に公園についている状態であればいくら都心や都会でも閑散としているはずですね。子どもの遊びとは、それほど大切なことなのです。


DSC_2083.jpg
網の中をくぐるものですが、いちいち決められた使い方をしないのがコツです。
遊び方を、いろいろ考えて自分たちで決めるのも頭を使いますよね。

特に自閉症が少しでもあると、4~5歳までに高いところでの遊びをしっかりしないと、「怖さ」が出てきたときに、全く高さのある遊具やものができなくなります。
だから、小さいうちにいろいろな動きで慣れておくのです。そうすると、高さの自覚が出てきたときにはすでに脳がバランスを保てるようになっているため、怖いどころか自信満々になんでもこなせます。
健常児でもそうですね。


DSC_1911.jpg
最近はブランコを撤去する保育園や幼稚園があるそうで(゜o゜)
まさに缶詰になってます。

まず、これに人の手を借りずに乗れるか。今の子はそれがまず重大な課題となるでしょう。

DSC_1913.jpg

乗れたら、渡ります。
渡れたら、はしります。
落ちるときは左右に飛ぶことを教えます。
ちなみにこの子は幼児期からこんな遊びばかりしてきましたが学校で、「神対応の〇朗君」と言われているそうです。
ちなみに私はできません( ;∀;)




comment 0 trackback 0
back-to-top