11.03
Fri
さくらいちごの教育とは。

世間一般に出回っている症状は、4歳過ぎくらい出ないと、一致しません。
これは自閉症や知的障害、ダウン症すべてそうです。
年齢が低いうちは、症状が強化されてないからです。(出てないだけで因子はある)

だから、1歳~2歳の子への教育は、

「4歳くらいにになって症状が一致しないように・出回っている症状と同じ症状が出ないようにする」

為に、教育内容を提案しています。

それが主な教育です。


小さい子ほど、先手も通用する時期ですから、親御さんへの報告で、先手先手でとは書いてなかったのですが、○○をすると良いとか書かせてもらっていました。

根拠も解らず、こんこんと実行されてきた親御さんばかりです。説明遅っ


そして、
3歳
4歳
5歳
6歳
それ以降~~

毎年、外遊びと室内遊びの内容は変わります。



comment 0 trackback 0
11.01
Wed
また転載です。
メールのやり取りです。

赤字が私で、黒字が自閉症が取れていく子のお母さんです。




(相手がいる遊びについて)
> ・本当に好きそうですか?
> 何分くらいできますか?


1歳の時は仏頂面で面白くなさそうにやってましたが
最近は、15分くらいニコニコ笑いながら出来ていますし、楽しそうです。
まだまだ笑うのを我慢したりしてる時もありますが。

キャッチボールをして、飽きてきたら追いかけっこして、キャッチボールする道具を空きペットボトルにしたりしてまた再開、その後それを滑り台で転がしたりして変化をつけながらだと30分以上全速力でキャーキャー笑いながら遊びますが。そういうときはとても自閉症に見えないと、ばぁちゃん達も言ってます。


~~~
さくらいちごに行きはじめの頃は実は電子おもちゃなしで1日過ごすのは難しかったんです。TVもうちはリビングに置いてないですのでDVD 見せるとかもできないので(^_^;)
新しく買うおもちゃは電子ではないので、電子おもちゃの割合的には随分減りましたし、特にはまってもいません。

・そうでしょうね。うちに居るときも縦横無尽ですからね。ロハスなおもちゃに飽きた感も全くないですし。

私の友人...しっかりしてる子ほどTVも電子おもちゃも全く与えていないんです。
そういうのを見てるので...ゲームなどやらせる気も
色々させる気もありませんがお友だちからの影響もあるのですね(^_^;)

・そうなんですね。。しっかりしている子などを見れる機会があって良かったです。そしてしっかり感化されている○○さんもすごいなと思います。


・幼稚園に関してですが、休み休み行けるところがあれば良いのですが、今のところ私から見ると、保育園に年中さんから入れ、休み休み行くという事が一番良いかな?と思います。
保育園は預かるだけなので、あれやこれやしなくて放っておかれることもあるでしょうし、さくらいちご的にはそれくらいが良いかなとも思います。
幼児期は遊び、のんびり過ごすことが本当に良いのでね。
成長してくると、その実感がだんだん薄れてくるようで、この辺も言葉にしないといけないな・・・と思っています。




~~~
素晴らしいですね。ぱっと見た感じでも三男さん、そんな感じしますね。挨拶もしっかり出来ますし、その声の感じや目線表情からも知能が高そうで、遊んでいるお友だちもしっかりされてましたし。(お庭でお会いした事があります)

因みに幼稚園や塾に行ってなくて、東大に入った子がいますよ。私の幼馴染みの弟です。


幼馴染みと妹も○○大と、◇◇だったかな....で、小学生の頃一緒に遊んでましたけど、塾なしTVなしゲームなしの家でした。私はその子らと、その家の方針に従って遊んでました
(外遊び、トランプ、オセロ、本、ボードゲーム、おやつ作り、劇を自分達で作って親の前で上演ごっこなど)

たまたまですが、そういう環境に混ぜて貰ってラッキーでした。

・そうなんですね!それはスゴイですね、つわものがいたとは・・・ネット上では聞いたことはあるのですが身近には初めてです。

演劇ごっことは・・・私に見せてとは言ったことはなかったですね。あったかな?
そうなんです、そういう流れになるんですよね。でもTVなしですごいです。
うちは映画や、今やっているTVはたまに見ていましたので、それぞれの俳優の真似はよくしていましたね。
だらだら見るのではなくて、みたいものを見る感じでしたから思い入れもありますしね。

風邪の時はだらだら見ていましたが(^-^; そうでもしないと複数の子どもは私には無理でした(^-^;



comment 0 trackback 0
10.23
Mon
また転載ですが・・・
ブログもきちんと書きますので少々お待ちください



「今日は朝から突風の中で外遊びしました(安全な場所で)
...というのも、○○は風が苦手なので、連れて行こうと思いまして。
かなり不快そうで、久々にパニックになっていました。
以前の様に、めちゃくちゃな方向に走って行ったり
頭を振ったり、柵を横目で見ながら走ったりなどの
自閉的な行動と

私に対して抱っこして欲しい、助けて欲しいと泣きながら訴えて後を付いて回る
という行動の両方が交互に表れて、こんな事ってあるのだな...と驚きました。

風ごときに負けていてはいけないので

「風は避けては通れないから、頑張って克服しようね」

などと説得しながら、2時間近くかかりましたが、普通の外遊びが出来る状態まで頑張らせました。
帰ってきてからは、物凄くすっきりした顔になり、一人遊びも充実して、家にいられる事の有り難みも分かったようでしばらくは素直になっていました。
頑張らせてハードルを越えさせるとかなり変わりますね。
ばぁちゃんも「外遊びってきちんとやると本当に効果あるのね。外遊び前と顔つきが全然違うわ。」とびっくりしてました。
...という報告です。」



もう1年近く外遊びの教育をしていますので、おそらく全身に感覚過敏があったのでしょうけど、少々の根性論でも通用できる、母子関係、体力、忍耐力になっている子です。
1歳半くらいから、教育を始められているので成長は著しいです。

どの子どもも、強風の時の広い場所での外遊びは、とても良いことばかりです。







comment 0 trackback 0
07.08
Sat
歩くのは1歳8か月~9か月
と見立てをし、親御さんにもお伝えしていました。

しかし・・・・・・






1歳6か月で歩いてしまいました


言葉もゆっくり見守っていきましょう(*‘∀‘)とお話していましたが・・・・・・




言いにくい、

「おとう」(とーちゃん)

出てるし

(他にも単語が出ています)


大きく外れてしまいました。





comment 0 trackback 0
07.01
Sat
IMG_20161024_104714.jpg

IMG_20170701_195603_925.jpg

臨場感ゼロの、雨の日の遊び♪


IMG_20170701_195143_514.jpg

IMG_20170623_145933.jpg


IMG_20170623_092508.jpg

IMG_20170626_111313.jpg

IMG_20170623_145939.jpg

IMG_20170612_111633.jpg
大きいシャボン玉を作っています。(見にくいです


IMG_20170608_141523.jpg







comment 0 trackback 0
06.17
Sat
保育園の0,1,2歳クラスに休み休み通っている、あっという間に健常になってしまった女の子のお話しです。
とりあえず抜粋のみ。加筆修正していきます。



~~~
少しフォローが必要かなと思いましたので、メモりながら過ごしていました。

先に書いたのが、トイレの件で、次に、お絵かきの件ですね。○○ちゃんはご存知きれいな物・・・が好きですので当然色鉛筆なども好きですよね。
それでお絵かきをしないとは・・・初めての挫折でしょうか。

おそらく保育園でのとびぬけて早い絵(年齢より)を描ける子への、大人の反応でしょうか。
それは、やはり大人がスゴイとしか言わないからかわかりませんが、自分と比べているかもしれませんね。スゴイ=良いこと
しかし、おそらく実は、

「そのおうちの親御さんが教えて描いている」

のだと、思います(;^ω^)
それはそれで良いのですが、こういうのは教えて描けるようにするものではないですよね。お母さんもご存知の通り。


「顔が描けるくらい、大したことじゃない。○○ちゃんのかく絵も、すごく立派だ。」
「その子はたぶん、教えられてできるようになったのだと思うよ。教えてできるようになるなんて、その子がかわいそうなんだけどね・・・」
「絵は、不正解はない。どれも素晴らしい大作なのだ」


ということを徐々に伝えていくと良いですね。1と2番目は、絶対に保育園の中では言ったらだめ。ということも、伝えないといけないです。


「周りがすごいすごいというのは、顔や人が描けるようになるのが大体、5~6歳だからなんだよ。みんながみんなそうじゃないけどね。でも教えてもないのに、○○ちゃんは2歳でこの前、顔をかけていたじゃない。それこそ、めっちゃスゴイことだよね。」


ということも、時を見て教えてあげてください。

今言いやすいのは、どんなに保育園の先生がスゴイといえども、絵に甲乙はない、不正解はない。ということですね。
ママもパパもそう思っているし、さくらいちごの先生もそう言っている。と、味方はたくさんいるよと。


まあ、違う理由であるかもしれませんが、おうちではどんどん描けるようにしてあげてくださいね。
保育園で、顔の書き方を教えているということはないですよね?その点も気になりました。




comment 0 trackback 0
06.04
Sun
5時半  起床
8時~   2~3時間外遊び
13時~  1~2時間お昼寝


ご主人はちなみに日付が変わりそうな時間くらいに帰宅だそうです。
そしてお母さんも、詳しくは書けませんが病気を抱えておられます。
私が言いたい、幼児期の子どもの遊びや生活は、このくらい大切にしてほしいという事が伝わっているのだな。と思える日課なんです。
もちろん、親御さんの体を無理させてまでしてほしいということではありません。
私もこういったことは言っています。しかし、自発的にされているようです。こういうことも、尊いことだなと本当に思います。

無理はしてはいけませんが、幼児期は、今しかないとも言えます。
その中で、あとは親御さんらが選択するしかないですからね。私が言えるのはそこまでなんです。


子どもの病気についても、基本的に抗生物質で治さない家庭です。これもすごいことです。

なので、先日は24か月で、40度の熱を出したそうなのですが1日抱っこで寝かせたり(体がしんどいと愚図りますよね)・少しずつ飲み食いさせたりという看病をした所、夜には下がったそうです(;゚Д゚)スゴイ

私も幼児期の風邪系の疾患では、あまり病院に行ってほしくないと思っています。
免疫が付かないですからね。外遊びをしているとあっという間に体は強くなりますしね。

しかし40度の熱が当日下がるとは、本当にすごいですね。こつこつと自然な生活をされている要因もあるでしょう。
こちらのおうちは、様々な要因が重なって、良い方向へと向かっています。
だんだん、目に見える成長も出てきていますしね。

自閉症に限らず、人はほとんど、
「目に見える成果」
しか信じません。ある意味みんな、視覚過敏ですよね(笑)

公園では、推奨する通り、自然が沢山ある公園で人がまばらなところに行くことが多いそうです。基本的には、遊具がなくても遊べる子になった方が、より成長もしますからね。
今のおしゃれなママさんは、ママ友と一緒じゃないと子どもと遊べない人も多いのではないでしょうか。

初めは、「この寒いのに外に出して!」
なども見知らぬ人から怒られたりもしたそうです(#^ω^) こちらは、外遊びや子育て自体があまり上手ではないですから、まともに外遊びができる大人も少ないのでね。
すぐに、かわいそう。という土地でもあるそうです(笑)
私から言わせると、ろくに外遊びもしないで、かわいそう。ですね。

そういったことも乗り越え、今は公園などで顔見知りの方もいらっしゃるそうです
「朝から元気に遊んで、良いですね!」
と、言われるようになったそうです。



成果が見えないうちからこつこつと生活改善をしてくださり、子どもの成長も著しいですから、模範だなと嬉しく思います。


素晴らしいですよねヽ(^o^)丿
まだお昼寝がある小さい子ですから、お昼寝の時間に外遊びがかからないようにと、創意工夫をされているんです。
さくらいちご教育を始めてから、未だ5か月です。

お弁当も、すごくおいしいんです。
なぜ私が知っているのかって・・・・・・各自お考えください(;・∀・)

こちらのお母さんも、実母には苦労されてきたそうです。にも拘わらず、未だお若いですが料理がお上手とは、たえず努力をされてきたのだと思います。
自然に、料理ってうまくはならないものですよね。
ましてや子どものお弁当は、手間がかかりますしね。


もちろん、さくらいちごのお弁当なんかは何でも良いです。食べられれば。という感じに。
それよりも遊び中心のゆっくりした生活を優先してほしいと思っています。
でないと、やはり子どもの伸び方が違ってきますからね。

料理が上手な人というのは、理由があることはわかっているのでそれは敬うべきだなと思っています・・・・年の功です(;´∀`)




comment 0 trackback 0
04.26
Wed
全職員に知的障害だと言われている子が・・・・



24か月で・・・・




2語文出ちゃった♪


どうもすみません~~~

わっはっは


MRIなんともなし♪

わっはっは







comment 0 trackback 0
04.03
Mon


IMG_20161003_093922.jpg

ただの自慢です♪

1.6健診、3.6健診、今のところ全部クリア♪
やったね





comment 0 trackback 0
03.22
Wed
公的機関で、全員の職員に、知的障害故歩かないのだ。
と言われてきた子。

私は、歩けないのではなく、歩きたくないだけで困り感が減っていったら歩きます。
と親御さんには伝えました。

そうすると、公的機関ではさくらいちご教育はやめた方が良いとも言われたそうです。


その子が名古屋の大学病院を受診されました。
小児科医が、「この子は歩く」 と言われたそうです。

わっはっは


月齢と現在の運動発達だけで判定するだけでは、時代錯誤・単純すぎると思いまへんか?




comment 0 trackback 0
back-to-top