06.22
Sat
個別指導で数時間一緒にお子さんと遊びを楽しんでいると、さまざまな事が見えてきます。
100%正解とは言えないと思うが、この仕事をしていてやはりこのやり方が正解に近いのだろうと思います。
やり方とは、やはりできるだけ長い時間のメニューにすることです。
非効率的に見えるやり方です。

習い事などの1時間程度では、無理でしょうね。
そして親御さんがいるときといないときとは、お子さんの様子はかなり違ってきます。

クレーンの動作がある子は大半いますが、継続して通ってきてくれている子らは、
「自閉症であるから、クレーン現象があるのではない」

事がわかってきました。

まだ低年齢ということでもありますから、いくらでも可能性はあるということかもしれません。
もしかしたら自閉症などであったはずが、周りの微調整によっていい方向へと行っているかも・・・低年齢ということで1日1日の教室でも可逆性故の成長かも・・・それは目に見えませんが。

原因は、それだけではないことがわかってくる子もいます。

うちに来ていただくだけでなく、来ていない日にもメールなどで対応のやり取りをしているのです。

しかし、専門機関にもし見せたとしたら、おそらく自閉症や知的障害などを疑われるだろうなとも思います。
短時間では、そう解釈するしかなくなると言うことですね。


また、親御さんとの連携も大切になってきます。
個別が必要であると思われる子はその子が来ている日の見学もお断りしています。
他の親御さんの「視線」
が気になって、「しっかり集中して遊べない」からです。
お金を払ってきているのに、そんなでは話になりませんから。

またまとめて書きたいと思います。


※検査を否定しているわけではありません。
「こちらの記事」に、この記事の詳細を書いています。






comment 0 trackback 0
06.28
Fri
個人が特定できないように書いて良いとの承諾を得ましたので、ブログを訪問してくださる方へわかりやすく書いていけたらと思っております。
先月からひやかし、マスコミがなくなりお問い合わせが増え、チラシ代が浮いて助かっております。
しっかり仕事をしていきますのでよろしくお願い致します。

うちの教室にいらっしゃる方は四日市、菰野、いなべ、県外の方などなどです。
菰野の支援センターのチラシも差し替えに行かなければと思いながらそのままになっています。。
民間営業ですが、菰野町ではチラシを置いてくださっています。


3歳半のお子さんで、発達にお悩みがあるとのことで相談を承っていました。
色々な都合で、とりあえずお試し感覚で私が訪問する形でその場で2,5時間のコースをさせていただきました。
訪問なので相談込みになります。(相談だけは無料です)


多動かもしれないといっておられましたが・・・・

うちの三男の方が暴れていました(゜_゜)
他の相談の場でも、そうでした。。。

まあ、冗談はさておき、、、
うちからみると、とてもおとなしく感じられるのです。
でも、親御さんは多動じゃないかとのことでした。
しかし診断は医師しかできませんので、軽はずみには私も言えないですしその日の段階では何ともいえませんでした。多動以外の障がいも心配されているようでした。


言葉が少ないので、障がいがなくても内向型の可能性がありますので、2.5時間コースといっても静かにその子に寄り添う形でうるさく誘わずにして遊びました。

人形遊び・ドールハウスの組み立て・ブロックで創作・・・などをわかりやすくいうと平行遊びから介入していきました。

あまり詳しくはかけませんが色々な事を発見できます。
でも、室内だけだと限界もあるのは確かで、外遊びしている最中の様子と室内遊びの様子とは全然違ってきますのでできれば月会員でなくても、来ていただきたいなあとお話ししました。

こういう話は外であまりできるものでもなく、親御さんが考えていることと、他の家庭とも色々な差もありますし、地域の雰囲気にもよりますね。
なので少しでも心のもやもやが取れれば・・・と思います。




「よくあるご質問♪」
「見学・予約の流れについて」
「さくらいちご教室のご案内」
「療育ブログです♪」






comment 0 trackback 0
back-to-top