11.12
Wed
うちにいらっしゃった時は3歳4ヶ月でした。
初めの主訴は、
・集団の指示が聞けるようになってほしいこと、(親御さん的に、就学時に今の状態で聞けるようになってないのではないかという不安ですね)
・思いつきで動き回るなど手当たり次第触るなどの状態の改善

でした。

またお話をお聞きした時点では、
・愛着障害があるのではないか
とのことでした。

お住まいの地域周辺ではなんと、就学以降でないと診断ができないなどと言われる相談所もあるそうです。
その地域には児童精神科も少ないです。

診断などができないとのことですが、行く先々の児童館やサークルなどでたまに専門家(臨床心理士)にお会いしたこともあたそうです。その時に育児相談という形で色々相談もされたそうですがなんといってもアスペルガーの要素がある子(見立てです)なので判断が難しいのです。
健常と変わらないですし、知能は上の場合が多いですよね。

漠然と、「この子、頭が良くなりますよ」
と言われたそうです。私は特にこのお話が印象的でした。
渦中の親御さんからしてみたら、この人なに言ってるかわからない・・・・と漠然と不安を拭いきれずに受け止めただろうなと思ったからです。
こういった漠然とした言い回しは、原則として医師でないと診断ができないので、診断名を出さないという理由からでしょうが、聞いている方は全くわからないです。

このあたりの問題点、親御さんの不安を取り除いて行けたらいいなと私の課題にしています。


後ほど続きを書いていきますね。




関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://sakuraichigo-kyousitu.com/tb.php/105-4ee401b7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top