11.12
Thu
最近では先取り学習が大流行です(笑)

うちもしていますが、
幼児期のたくさんのゆったりした外遊びの生活で、もっと学習したいという地頭になったからしているだけ

なんですよね。

まさか、学校で困らないためにしているわけではありません。
当たり前ですよね。

また、こういった地頭になっていない状態で、無理に先取り学習をさせても、
該当学年になったとき、すっかり忘れています( ;∀;)

残念ながら・・・・ということです。

だから、「過去の栄光」
などという比喩ができたのでしょうね。

学習をさせたいのであれば、その分ゆったりした時間・人工的でない遊びを保障しないといけないということですね。
妊娠中はどうでしたか?
「無事に生まれればそれでいい

と言っていませんでしたか??

それがいざ生まれると・・・

「私が俺が思ったように育っていない!」
「あれがいやこれがいや云々カンヌン」

あれ?無事に生まれればよかったのでは??

言動が二転三転する親御さんのもとで、先取り学習なんてできるはずがないです。










関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://sakuraichigo-kyousitu.com/tb.php/122-f0d1ed7a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top