04.18
Wed
少しでも多くのお子さんが生きやすくなるように、私なりで恐縮ですが、私なりに自閉症・多動児に向き合ってきて効果をあげた方法を書いていきます。

順次、加筆修正していきますのでご了承ください。


多動児の心を理解しようとする気持ちがなければ多動児は成長することはできません

●多動の子は、室内が嫌いな子がいます。(閉所恐怖症に近い子もいると思います)

●一つの遊びに集中できない子がいます。

●一つの遊びに集中できなくて、動き回る子がいます。

●じっとしていると気持ちが悪くなる子がいます。


しかし、このことは障がい児だけにとどまらす、「ちょっとあてはまるかも・・・」
という方も多いことと思います。

だから、障がいと健常はつながっていて「スペクトラム」というのです。
しかし、数値にできない「辛さ」があります。
一人一人、辛さが違うのです。
間違っても、


「お父さんもそうだった」

「僕もそうです」

「私もそうです」

などと、根性論をまずは出さないようにしましょう。



なぜあなたの療育では効果をあげることができないのか?


答えはとても簡単です。

あなたが行っている療育は、私の療育の15%程度しか行っていないからなのです。
私が行ってきた(というか偶然ではありますが(^_^;))
幼稚園などに行かずに次男・三男を育てることとなり、自閉症傾向のあった次男が、

就学前には、

●感覚過敏がなくなり
●回ることがなくなり、
●言葉を字義通り受け取ることがなくなり、
●数字好きが単に優等生になり、
●運動神経抜群になり、
●多動がなくなりました。



この結果が出たのは、私は残りの85%をフルに出し切っているからなのです。

ですから、私が偶然行ってきた毎日の療育で、治らないと言われている障がいでさえも、こういった事実ができてしまいます。

あなたの療育でこのような事ができますか?

ありきたりな療育しか行っていない方・・・一番成長が著しい時期にありきたりな方法でしか療育しないのはもったいないです。

さまざまな療育方法がありますが、ありきたりな療育だけでは必ず失敗します。
(失敗とは言い過ぎですが、できれば効果をあげたいですよね)

効果を上げるための、残りの85%の「療育」を知りたくはありませんか?

2000円前後の書籍をいくら読んでも、何の役にも立ちません。
(立たないこともないですけどね・・・!(^^)!)

残りの85%の療育を行っていかないと効果をあげることはできません少しでもお子さんが生きやすくなるためには、残りの85%の療育が絶対に必要なのです。

療育の効果を少しでもあげたいのであれば、私が5年の療育生活から得た、驚きの療育方法をご覧ください。

はじめまして。
DSC00396.jpg
さくらいちご幼児教室の松尾 香(まつおかおる)と申します。



例えばこのトップページの「さくらいちご幼児教室」について・・・。

少しでも多くの障がいをもったお子さんが生きやすくなれば・・・との思いで、立ち上げました。

主な活動は、障がい児の療育・教育、また、障がいでない子も豊かな創造性をもったお子さんに成長するお手伝いをさせていただきたいと言うことで、全ての生徒さんと、その保護者の方の

「電話相談」(悩み相談)も行っております。

全ての生徒さんとは、直接来られない方もいらっしゃいますので、このホームページをご覧いただいた方すべての方ということです。










関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://sakuraichigo-kyousitu.com/tb.php/2-a6d33fc6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top