FC2ブログ
04.26
Wed
全職員に知的障害だと言われている子が・・・・



24か月で・・・・




2語文出ちゃった♪


どうもすみません~~~

わっはっは


MRIなんともなし♪

わっはっは







comment 0 trackback 0
04.03
Mon


IMG_20161003_093922.jpg

ただの自慢です♪

1.6健診、3.6健診、今のところ全部クリア♪
やったね





comment 0 trackback 0
03.22
Wed
公的機関で、全員の職員に、知的障害故歩かないのだ。
と言われてきた子。

私は、歩けないのではなく、歩きたくないだけで困り感が減っていったら歩きます。
と親御さんには伝えました。

そうすると、公的機関ではさくらいちご教育はやめた方が良いとも言われたそうです。


その子が名古屋の大学病院を受診されました。
小児科医が、「この子は歩く」 と言われたそうです。

わっはっは


月齢と現在の運動発達だけで判定するだけでは、時代錯誤・単純すぎると思いまへんか?




comment 0 trackback 0
03.20
Mon
幼児期の自由遊びとは、大人がイメージするものとは違います。




女王様ごっこ。
あなたのような人が私に釣り合うとでも思っているの
あ、間違えた。王女様ごっこ。


IMG_20170320_211239.jpg

・年中さんがやっています。プレステージ1年生。
最初は、問題だけを見せるために、下敷きなどを使って問題とその空白以外見れないようにして解いていました。


IMG_20170320_211146.jpg

・他の問題を隠さなくても、できるようになりました☆
これはトップクラスです。

こういったものを、幼児期4歳以降にすると吸収しやすいです。

塾系に行ってない子では、きちんと自由遊びの外遊びを低年齢のときから、ほぼ毎日2時間以上していないとできないかと思います。
塾系に行っている子では、年齢が低いうちはよくできる子なのですが、外遊びや自由遊びをしていないと、集中が持ちませんし、勉強時間が外遊びをしてきた子より余分にかかるかと思います。何年もずっと。
そういった見えない箇所の育ちが違うんです。大きくなるにつれて見えてしまいますけどね。

年齢が上がるごとに、それは顕著に表れてきますからね。今、子どもが小さい時期にどろどろべたべた寒々外遊びを頑張っているおうちは希望を持って堂々と遊んでくださいね♡












comment 0 trackback 0
05.19
Thu
子どもの成長を、目に見えるものでしか判断・評価しない人が増えていますね。
それは、何でも儲かればいいという、教育産業の影響にもよることでしょうね。
他者の幸福まで考えていない、産業によるものですね。自分たちが儲かればそれでよいのです。
目に見えませんから、やろうと思えばなんでもできる低年齢の教育産業。


○○幼稚園 〇人合格した
〇高校 〇人合格・・・
以下同文


特に大切な幼児期などは、本当に目に見えないかと思います。教育者でしたら未だ目に見えなくても判断できますが、それでも少ないでしょう。

言葉が出ない&遅れている幼児の言葉を出してあげることは、今では難しくなくなりました。
私の周りで言うと、こういった話せなかった子が、話せるようになる・・・
嬉しいことなのですが、思い切りわかりやすい成長です
なので、それでOK!と、大切なことを見落としてしまう親御さんや、保育園・幼稚園も、多いなと感じています。

目に見えにくいのは、社会性と、衝動性の部分です。

これが、言葉より後に、残る教育科目なんです。

1歳の子が、お母さん以外のおっぱいを触っても許されるのですが、では5~6歳の子がそうした場合、どうですか?
KYになってしまいますよね。
でも、現場では、話せるからそれでいい!となってしまうところが多いです。

一番困るのは、本人です。周りも嫌でしょうが、歴史を作るのは本人なんです。
黒歴史を作るか、明るい歴史を刻むか。

ということです。

教育なしで、誰でも自然に育つのであれば、世界中から、療育という言葉も、場所もなくなるはずですよね。
なぜあるのです?理由があるからですよね。


また、「何かしていないと、育っていないと思ってしまう、待てない親御さん」

何もしていなくても、成長しますよ。むしろ、自分でゆっくりと遊びこめる、考える、草をいじくりまわす、見る、時間が必要なのです。
英語教室・バレエ教室じゃないんです。

うちの子どもは習字をしていませんが、出品すると入選はしますよ。佳作でないです。
ピアノも習ってませんが、学校で伴奏のじゃんけんにいつも負けていますよ
THEを、ジと読む時と、ザと読むときの違いは?と最近聞かれました。中一英語ですね。


人間の特性として、「欲」がありますよね。なので、真新しいものに、人はひかれるのです。
低年齢だとより、ちょっとしたものにもひかれます。
歳を重ねると、大体経験済みなので、喜び方が少なくなるんです。

なので子どもであっても、真新しい環境や物ばかり与えていると、感動が薄い子に育ちますし、もちろん自然なんかに興味はありません。夏は暑い、冬は寒い、なにをするにも文句ばかりの、おばさんのような子どもに育ちます。
自然に興味がないって、恐ろしいんですよ。学習に関係ありますからね。お金のかかる子になるということです。
小学生から勉強に躓くという結果です。おまけに運動能力も低い。


きりがないのです。
欲があるから、発展してきているのですが、そればかりではいけないのです。
要は、「欲」をどう抑制するかということと、どう付き合っていくかということが親御さんの課題となります。

うちの子どもも、園に行かず教育していたころ、何もない広場に行っても遊べないときもありましたよ。
子ども自ら、何もない広場に行きたい!といったわけではないのです。

子どもが広場をどう使うかは、周りの大人の言動によるのです。
どう、価値がある場所だということを伝えるか。自分が感じるか。
子どもを育てるということは、”自制”という意味も含まれると思っています。

好きなものを好きなだけ食べていたら、デブスになりますよね。
例えがおかしいかしら・・・
それと同じではないでしょうか?

子どもに、成長させてもらっているんですよ。
どんな子であれ、その子は、その親御さんをより幸福に、鍛えるために、居るのだなと思います。





comment 0 trackback 0
03.20
Sun
サボタージュブログになってきました(;^ω^)
そのうち詳しいことも書きますね


子どもは裏切りませんね。私がこんなに子どもが好きになるとは思ってもみませんでした。
もともと私は一人っ子で年上や下のお世話もしたことがなく、子どもは未知の存在でどちらかというと苦手でした

人生何があるかわかりませんからね。

子どもは裏切りませんからそこも好きですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
今小6の知り合いの子が、1年生のとき、一人で親御さんを待っていたので、アイスでも食べて一緒に待っていようか?
と声をかけただけで、今でも私がいると必ず手を振ってくれたり挨拶しますよ(^^)てか、たくさんの大人の中で私に一番に挨拶してくれるんです。
近い知り合いではないのですが。アイスもいらない・・・とのことで食べていません(^^)

最近知り合った子どもの友達でも、子どもは呼び捨てにして話しかけてあげると喜ぶのでそうしていたら、その子もたくさんいる大人の中で私に一番に手を振ってくれますよ(^^)

また、子どもは意地悪な大人は見分けます。

子どものため・・・を思って、演技でも明るい大人を目指しましょうね。
見破られるようなへたくそな演技ではありませんよ。”育自”でもありますからね(^^)



”言葉が出ない”  ”明らかに遅れている”
子らと関わらせていただいてます。
そういう子らが、話し出す瞬間はとてもうれしいですね♡

私が気を付けていることは、言語訓練をする時期です。
そういう時期でないときは、言葉が明らかに遅れていても言語訓練はしません。
何でも適している時期があるのです。臨界期ともいいますね。

私は臨界期が予測できるのですが親御さんにそれが中々伝わらないようで、親御さんは話し出すまで不安のようです。
その辺をどう伝えるか・・・が課題です。そして眠くなる・・・

ほかりっぱなしの絵カード・・・も、時期が来るまで箱に入れっぱなしです
また、名詞から教えません。
どちらかというと動詞や挨拶から教えます。
その方が話しやすいようです。
そのうち詳しく書きますね(;^ω^)

結局、話すべき時期に話さないと、発音が悪くなります。
発音をきちんとできるようにする、言語訓練はどのみち必要になる感じです。
そういったことも遊びながら習得できますけどね。

頑張りましょうね(^^)






comment 0 trackback 0
02.28
Sun
私個人の目標で、健常域を目指しているだけであって、それ以外はダメということではありませんよ(^^)
母乳でもそうですが。

ダメなのは、
健常域を目指すことをあきらめて、それを私などの健常児を目指しているところを、批判することです。
完全母乳(母が出かける時以外母乳)ができなかったからといって、母乳育児を批判しないことです。



遊んでるだけやん
仕事辞めるなんて無駄
変わってないやん
障害は治らない
母乳って虫歯になるって
母乳だと甘えたになって我慢できない子になるらしいよ
とうその情報を勝手に流す。

してはいけませんね。



自分は自分ですよね。私も脅していませんし、さくらいちごの親御さんにも”健常”というこだわりで指導していません。
健常域を目指している家庭はそうしていますよ。その家庭の目指すところ次第です。

母乳ができなかったのであれば、それに代わる育児をこれからすればよいのです。
オキシトシンについては、母親による虐待数が証拠になるでしょう。
今も昔も変わらず、母親による虐待数が1位ですよね。
愛情は、おまけでついているものではなく、育むもの  です。


自分がそう決めたのであれば、それで良いと思います
困り感はあるだろうけど、見守っていきたい・・・なんとかなるさっ
こうやって夫婦や家族で決めたのであれば、
これで、良いのではないですか?
さくらいちごの複数レッスンには参加でくなくなりますが、なんとかなりますよ♪


母乳に関しては、完全に医療機関の指導ミスですからお母さんのせいではありません!!
完全母乳は、
・カンガルーケア、の際に母乳を飲ます・口につける
・自然分娩
・産んでから数日は、こてこてしたものを食べない(おっぱいがかちかちになります(笑)飲みにくい)
・産んでから、24時間は赤ちゃんは寝ていますので、その間に休み、起きたら授乳開始、
泣く都度授乳します。ミルクのように、3時間も開きませんよ。頻回は常識です。なので、母子別室ではないということですね。

・2歳くらいになってきたら、お母さんが夜に起きなくても良いように、おっぱいを出せる服を着、飲みたくなったら出して飲んでね。
と伝えておけば、眠ったまま授乳もできます。
飲み終わったら服を着せてね、と言っておけば、すでに子どもは賢くなっていますのでします。


最低これくらい、指導がなければ、完全母乳は無理だと思います。
逆にこれらをさせてくれる産院であれば可能です。


人生は1度しかありませんね。
多少、苦しくても、頑張らないといけない時も出てきます。


視野を広げて、頑張りましょうね。










comment 0 trackback 0
02.26
Fri
・療育を始める年齢
・困り感・障害の度合い
・親子関係
・子どもと母親との相性
・生活環境



の改善により、健常児になっていく子も当然います(^^)

いきなり健常児にはなりません。
徐々になっていくものですのでね。

早くて1~2か月の生活改善で療育を終了する子も居ます。
生活改善だけでなく、親子関係の修復なども一生懸命こなしてくれている親御さん、外遊びを信じて頑張ってくれている親御さん、
私のわたかりにくいブログをしっかり読んで、きちんと行動に移してくれている親御さん。
こういう人らの子どもたちは目に見えて変わっていきます。

私ももっとわかりやすく書かないといけないのですが(;´∀`)


そうなると教育のやりがいがありますね

頑張りましょう



comment 0 trackback 0
11.01
Sun

DSC_1512.jpg
混んでなければできるだけ活用して、決められた軟弱な遊び方はしないのが現代の育児のコツです。


DSC_1537.jpg
チョコレート作り。


DSC_1534.jpg

DSC_1485.jpg
このように、紙全体を使って思うままに描けるようにしておきましょう。
計算や文字の読み書き、英語はそのずっとあとです。

DSC_1477.jpg
DSC_1476.jpg

片づけられない女の部屋ではありません!

DSC_1368.jpg
フラワーパークです。何歳の子がかいたと思います?



comment 0 trackback 0
10.29
Thu
こつこつ、外遊びと工夫した関わり方、工夫した室内遊びと頑張っておられる親御さんの子が、成長していくとすごくうれしいですね

成長が数字や目に見えてわかるとやりやすいのですが、それまでは悶々としやすいですよね。でも、それを乗り越えて毎日毎日、まーいにち、なんにもないやんとダメ出しされる自然公園に出かけて関わってくれたんだなあ~~と思うと本当にうれしいです。

また、通っている保育園や幼稚園なども巻き込んで、特別に外遊びをしてもらっている子もいます。
これは素晴らしいことですね!
もちろん親御さんに持病があるとか、どうしても抜けられない仕事を持っているなどがあれば、通いながら教育していくしかありませんから、できるだけ園をやめるようにとは言いません。

しかし、頑張れる範囲であれば、徐々に日数を減らし、時間を8時間から4時間に減らす・・・徐々に退園していく方向へとおすすめしている方も多いです。
託児が必要でしたら一時保育などを利用すれば良いですからね。

幼児期の1日は大人の何倍も貴重な時間なんです。
ランチしてる場合じゃないんですま、たまには良いですよ(笑)
これを理解しているかしていないかでも、子どもの予後は大きく変わるのでしょうね。








comment 0 trackback 0
back-to-top